Life Work Share

Life Work Share

共働き夫婦のブログ。2歳の息子と3人暮らし。妻は育休中に保育士資格を取得、夫は元公務員の公認会計士です。資格、子育て、旅行などについて書いてます。

【ダナン子連れ旅行記】子どもと行くダナンのおすすめ観光スポットベスト5を勝手に紹介

こんにちは、ユウリです。2017年のゴールデンウィークにベトナムのダナンに行ってきました。

 

ダナンに子連れで行くなら、おすすめの観光スポットはどこなんだろう?

 

ダナンの観光情報って「るるぶ」などの雑誌にはあまり載ってないので、事前に調べられないんですよね。

 

私が実際に行ってみて、おすすめだと思う観光スポットをご紹介します!

 

 

予備知識として、ダナンの交通事情を知っておこう

 

ダナンの道路

東南アジアに行ったことがなかったので、まず驚いたのがバイクの多さです。

 

子連れ(特に乳児連れ)でダナンの町を歩くのは身の危険を感じるものでした。

 

道路にはこんなにたくさんのバイクが。

 

ダナンのバイク

 

ちょっとあり得ないレベルですよね。ダナンの街を子連れで歩くのはそれなりの覚悟が必要なんですよ(笑)

 

歩道はありますがあまり整備されていません。

 

横断歩道を渡るときも、バイクは歩行者の前で停車することは絶対になく、人を避けながらビュンビュン走ってきます。

 

横断歩道を渡るのも命がけです。決して大げさではなく、足が震えて泣きそうでした。

 

ダナンの町はベビーカーで歩くのはまず不可能なので、抱っこ紐で観光することをおすすめします。

 

外は日本の真夏並みの暑さなので、徒歩よりもタクシーで移動した方が楽で安全。

 

ダナン市街のタクシーはかなり安い料金で乗れるので、短距離であってもタクシーで移動してオッケーです。

 

 

1位 DANANG SOUVENIRS&CAFE(ダナンスーベニアカフェ)

 スーベニアカフェ

 

本題に入りまして、おすすめのスポット1位は日本人に大人気のカフェです。

 

入口を入ってみると緑がいっぱいのおしゃれな空間が。

 

スーベニアカフェの入口

 

カフェの中は日本人だらけ。というのも、カフェなのに日本人好みをするお土産がたくさん売ってるんです!

 

 スーベニアカフェのお土産売り場

 

ダナンはお土産を買うスポットがあまりないので、ここで買うのがおすすめ。

 

置いてある商品が女子ウケするかわいいものばかりなんですよ♡私はばらまき用に石鹸をたくさん買いました。

 

子どもと夫にカフェスペースに座って待っていてもらい、ゆっくりとお土産を見ることができました。

 

スーベニアカフェのソファー

 

注文したのはアイスクリームとカフェモカ。

 

スーベニアカフェのカフェモカ

 

お食事系のメニューはなく、飲み物とデザートしかないです。ランチはできませんのでご注意を。

 

空調は効いてないので暑いのが難点ですが、ソファーに座って休めるので子連れでも楽しめるスポットですね!

 

 

2位 五行山

 

五行山からの眺め

 

子連れで行くのは難易度が高いですが、ぜひともチャレンジしてほしい場所です。

 

五行山の展望台から眺める景色は見晴らしがよくて気持ちいいですよ。

 

夫が2歳の息子をエルゴの抱っこ紐でおんぶして登りました。結構急な坂道が続くので、かなり体力が必要です。

 

五行山を子連れで登る

 

ほかに子どもを背負って歩いている人は見かけませんでしたね。

 

気温も30度オーバーでかなり汗をかくので、子どもにとっても過酷な登山であることは間違いありません。

 

五行山の洞窟の中

 

それでも行く価値があると思ったのは、最後にある洞窟が想像以上に素晴らしかったからなんです。

 

深い洞穴を降りていくと神様が祀られていて、現地の方が正座をして拝んでいました。その光景が神秘的で、心から見てよかったと思うものでした。

 

登山はキツイし、子どもに無理をさせてしまいましたが、ダナンで一番行ってよかったと思えるスポットでした。

 

 

3位 Asia Park(アジアパーク)

アジアパークの観覧車

 

もとは琵琶湖にあった観覧車「サンホイール」で有名な遊園地です。なぜか「るるぶ」などには載っていない穴場スポットです。

 

びっくりするくらい人がいません(笑)こんなに空いている遊園地は初めてでした。

 

サンホイールからの眺め

 

サンホイールは私が今まで乗った観覧車の中で最も高かったです。頂上からの眺めはすごいですね! 

 

サンホイールの夜景

 

ダナンの夜景もきれいでした。

 

他の見どころといえば、遊園地を一周する電車の乗り物が子どもにウケるくらいですが、サンホイールだけでも乗る価値はありです!

 

 

4位 VINCOM

 f:id:mamu311:20170621222555j:image

 

ダナンには有名なショッピングモールが3つあります。「VINCOM」「ロッテマート」「ビンチュンプラザ」ですね。

 

私のおすすめは「VINCOM」です!

 

f:id:mamu311:20170621222633j:image

 

なぜならいちばん高級感があり、キレイだから。日本でいうイオンモールに似てますね。

 

VINMARTという激安スーパーマーケットがあります。おもに食料品が売っているのですが、とにかくお安い!

 

ネットを見てると「万引き防止のために鞄をロッカーに預ける」と書いてありますが、2017年時点ではシステムが変わっています。入り口で鞄が開かないようなストッパーをつけられるだけでしたね。帰りにストッパーは外してもらえるのでご安心を。

 

 

f:id:mamu311:20170621222739j:image

 

キッズスペースで有料で遊ぶことができますが、5歳以上の子ども向けって感じでしたね。

 

 

 

余談。「ロッテマート」にも行きましたが、ゴミゴミしていてあまりキレイじゃないです。(古いヨーカドーみたいな雰囲気。)しかもフードコートの食事がマズくて完食できませんでした。ロッテはおすすめしません。

 

 

5位 ダナン大聖堂

 

ダナン大聖堂

 

ダナン大聖堂は有名ですが、実際に行ってみると「ふ~ん」という感想です(笑)

 

「るるぶ」に載っているからか、記念撮影をしている日本人が多いです。あまり韓国人は見かけなかったですね。

 

まぁ、思い出作りに行ってみてもいいかな?

 

 

おすすめしないスポットはコン市場

 

コン市場

 

こちらはコン市場の写真。子連れにはハードル高いですよ。なんせゴチャゴチャしていて、子連れなんかひとりもいません。

 

日本語は一切通じないので、どうやって価格交渉していいいのやら…?ベトナム初心者にはよくわからず何も買えませんでした。

 

ハン市場には行っていないので分かりませんが、コン市場はハードル高すぎでした。

 

 

 

 

ダナンに行ったら、絶対に訪れておきたいのがホイアンです!ダナンからホイアンまではタクシーで40分(3000円ほど)ですし、歩行者天国なのでベビーカーも押せますよ。くわしくはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

www.lifeworkshare.com

【ダナン子連れ旅行記】世界遺産ホイアンへ!レストランSAKURAの激うま料理♡ランタンの幻想的な街並み♡最高の観光になりました

こんにちは、ユウリです。

 

2017年のゴールデンウィークにベトナムのダナンに家族旅行に行ってきました。

 

イヤイヤ期の2歳児といっしょの旅は疲れるものでしたが、ふだんはできない特別な体験になりました!

 

今回はダナン旅行2日目、ホイアン観光です。

 

 

 

歩行者天国ホイアンは乳児連れベビーカーでもOK

 

ハイアットリージェンシーを17時に出発するシャトルバスでホイアンに向かいました。

 

ホテルからホイアンまでは40分ほどかかったでしょうか。

 

ホイアン周辺に着くなり驚いたのが、バイクの多さ。あまりにも多くのバイクが横断している場所で降ろされたので、身の危険を感じるほどでした。

 

ホイアンは思ったより多くの観光客であふれていて、昼間は趣がありませんでした(笑)

 

昼間のホイアンの街並み

 

 

ホイアンの中心地は歩行者天国になっていますが、人力車がたくさん走っていたり、自転車が走っていたり、危険がいっぱい。

 

ホイアンの人力車

 

息子はぐずることなく、おとなしくベビーカーに座っていてくれたので、助かりました。

 

ホイアンのいいところは歩行者天国でベビーカーでも動き回れるところですね!ベビーカーを引いている観光客はほとんど見かけませんでしたが(笑)

 

 

ホイアンで一番有名な日本橋へ

 

ホイアンは水辺の町。川を挟んでたくさんのお店が並んでいる街並みはとても美しいです。

 

ホイアンの街並み

 

川沿いの道を歩いていると、ひっきりなしに客引きのおばさんに「ボート!ボート!」と声を掛けられます。これが地味にストレスでした。

 

 

 

 

しばらく歩いて有名な日本橋へ。

 

ホイアンの日本橋

 

ガイドブックで見る日本橋は、異国情緒あふれる憧れの場所だったのですが、現実は観光客であふれてあまり趣を感じられません…

 

 

ホイアンの日本橋

 

さて、観光チケットを買っていない私たち。日本橋はチケットなしで渡れるのかしら?

 

夫と息子は堂々とタダで日本橋を渡りましたが、カメラを持っていた私は入口でスタッフらしき人から「チケット!」と言われました。

 

カメラ撮影はチケットがないとダメなのかも?

 

ホイアンの日本橋の入口

 

まぁ、脇からこっそり入ってしまいましたけど…(汗)

 

中にはカタカナで「ホイアン」と書かれた謎の提灯がありました。

 

ホイアンの日本橋の中のちょうちん

 

 

 

 

ランタン

 

日が沈むとランタンが美しく輝き、趣が出てきました。

 

ホイアンのランタン

 

私たちが訪れた日はランタン祭りの日ではなかったのですが、お店の前はどこもランタンが飾られていて、本当にキレイでした。

 

ホイアンのランタン

 

 

ホイアンのランタン

 

 

ホイアンのランタン

 

これは本当に幻想的で、一見の価値があると思いました。

 

ホイアンのランタン

 

 

レストランSAKURAでフォーと揚げワンタンを堪能

 

夕飯は有名なモーニングローリーで食べようと思っていたのですが、18時過ぎに行ったら激混みで入れませんでした(泣)

 

ガイドブックには必ず紹介されている有名店なので、早めに行かないとダメみたいですね。

 

代わりに入ったのが「SAKURA」というお店。

 

外観も内装もオシャレで人気のレストランなんですよ。

 

ホイアンSAKURAの内装

 

室内はエアコンが効いてないので超暑い!汗だくです。

 

すかさずサイゴンビールを注文。ベトナムはビールがめちゃくちゃ安くて、たしか200円ぐらい。もう毎食ビール飲んでいた記憶。

 

ホイアンのビール

 

ベトナムといえばフォー!海鮮フォーを食べました。ベトナムの料理って本当に日本人好みの味でおいしいんですよ。息子もパクパク食べてました。

 

ホイアンのフォー

 

夫はチキンライスを注文。これもうまい!

 

ホイアンのチキンライス

 

ホイアン名物のカニの揚げワンタン。かなり脂っこいですが、甘酸っぱいソースがかかっていて、ビールとの相性も抜群。ホイアンに来たら絶対食べるべし。

 

ホイアン名物揚げワンタン

 

店内にはほかにも小さな子どもがいましたし、子連れでも入りやすいと思います。壁にヤモリがいて、子どもたちは大喜びでした。

 

お値段はこれだけ食べて2000円以下だったと思います。ホテル価格の半分以下かな。

 

でも、味は超うまいです!ベトナム料理最高。思い出すだけでまた食べたい! 

 

 

ホイアンのボートに乗ってみた

 

外が暗くなったので、ボートに乗ってみることにしました。

 

ホイアンの川はヴェネツィアのゴンドラのようにボートがたくさん。

 

ホイアンのボート

 

川を往復して20分程度でしょうか。お値段は40万ドン(2000円)でした。

 

ボートを漕いでくれるおばさんは英語がしゃべれないので、客引きのおばさんがiPhoneで値段交渉をしてきました。

 

「通常は50万ドンだけど、今はハッピータイムなので40万ドンに負けてやる」というようなことを言われました。マジか?

 

ボートには人数分のろうそくを置いてもらいました。

 

ホイアンのボートのろうそく

 

途中に東南アジアっぽい竜のオブジェと橋があります。

 

ホイアンの川の橋

 

やはりここは東南アジア。

 

爆音で不思議な音楽が流れていたり、熱気をムンムンと感じました。日本では決して感じることができない空気感でしたね。

 

他のボートとぶつかりそうになると、運転手のおばさんとおじさんで激しい言い合いを始めたり、東南アジアだなぁ…と。

 

ホイアンの川

 

 

最後にろうそくを流しました。川には観光客が流したろうそくがたくさん流れていましたよ。

 

ホイアンの川に流したろうそく

 

ボートを降りると「チップ!」としつこく言われ、すこし不快でした。40万ドン払ってるんだからもう十分じゃないかな?相場が分かりません。

 

ホイアンの夜景は本当に美しかったですね。うまく写真に残せなかったのが残念です。

 

 

行ってよかったホイアン!

 

ホテルまではタクシーに乗って帰りました。メーターは30万ドンだったのにも関わらず、50万ドン払っておつりは25万ドン返ってきました。

 

ダナンではこのようなことが多々あり、「ベトナム人、桁が大きすぎて計算できてないんじゃね?」という疑惑が深まります。

 

帰宅したのは夜9時。ホイアンは夕方からが見ごろとはいえ、2歳の息子はかなり疲れたようでした。

 

大人も暑い中をたくさん歩いてクタクタだし、お土産を買う余裕もありませんでしたが、美しい街並みやランタンを見て、おいしいものを食べて、大満足の観光となりました。

 

もしダナンに行く機会がありましたら、子連れでもホイアンにはチャレンジされてください。その価値はあると思います。

 

 

関連記事

 

www.lifeworkshare.com

 

www.lifeworkshare.com

 

 

www.lifeworkshare.com

【ダナン子連れ旅行記】ハイアットリージェンシー3泊4日。ファミリーにおすすめのリゾートホテル!

こんにちは、ユウリです。

 

2017年のGWに2歳児の息子を連れてベトナムのダナンに行ってまいりました!今回泊まったホテルはハイアットリージェンシーです。

 

子連れでダナンに行かれる方はどのホテルがおすすめなのか知りたいですよね。ハイアットは赤ちゃん連れの宿泊客が多く、ファミリーにおすすめできるホテルだと思います。

 

ハイアットリージェンシーの3泊4日の模様をレポートします。

 

 

 

お部屋の中は清潔なリゾートホテル風

 

ハイアットの内部はめちゃ広いです。プライベートプールつきのヴィラもあるし、ホテルもあります。

 

チェックインすると地図がもらえますよ。入り口から遠い場所はカートで送迎してもらえます。

 

ダナン ハイアットリージェンシーの地図

 

値段が手ごろなのはホテルタイプかな。私たちが泊まったのはホテルタイプです。

 

ダナン ハイアットリージェンシーの外観

 

ホテルの部屋の入口はプライベートマンションのよう。

 

ダナン ハイアットリージェンシーの入口

 

お部屋の中(ベッドぐちゃぐちゃの写真でごめんなさい)

 

ダナン ハイアットリージェンシーの部屋の中

 

ソファーとテーブルもついていて、ここでご飯を食べられます。

 

ダナン ハイアットリージェンシーのソファー

 

テレビもついてます。

 

ダナン ハイアットリージェンシーのテレビ

 

お風呂はガラス張り。

 

ダナン ハイアットリージェンシーのお風呂

 

トイレはシャワートイレついてなかったです。

 

ダナン ハイアットリージェンシーのトイレ

 

広々としたパウダールーム。

 

ダナンハイアットリージェンシーのパウダールーム

 

アメニティーもたくさん。中身は櫛、歯ブラシ、コットンとか。

 

ダナン ハイアットリージェンシーのアメニティー

 

クローゼットは広いです。セーフティーボックスもついているので、貴重品を入れておけますね。

 

ダナン ハイアットリージェンシーのセーフティーボックス

 

ベランダからはプールが見えます。

 

ダナン ハイアットリージェンシーのお部屋からの眺め

 

 

プールスペースは広くて子どもがたくさん!

 

ハイアットのプールはかなり広いです。50mの市民プール3個分くらいはあると思います。

 

ダナン ハイアットリージェンシーのプール

 

ウォータースライダーもあります。プールの外側は階段になっていて、水深15センチくらいなので、2歳の息子も歩けました。

 

ダナン ハイアットリージェンシーのウォータースライダー

 

メインプールから、細い道がつながっています。

 

ダナン ハイアットリージェンシーのプール

 

進んでいくと、有名なスポットが!

 

ダナン ハイアットリージェンシーのプール

 

ここは水深15センチくらいになっていて、写真を撮ったり、子どもを泳がせたりもできるんですよ。

 

ダナン ハイアットリージェンシーのプール

  

砂場スペースでは子どもが砂場遊びをしています。おもちゃもたくさん置いてあるので、子どもも飽きませんよ。

 

ダナン ハイアットリージェンシーの砂場

 

午前中はかなりにぎわってます。

 

ダナン ハイアットリージェンシーのプール

 

2歳の息子はプール遊びが大好きで、朝の9時からお昼の12時まで遊び倒しました。

 

空気を入れてくれるサービスもあるので、大きな浮き輪を持っていくと1日中楽しめるかもしれませんね♪

 

ただし、日焼け対策を万全にするべし!!

 

私たちは日焼け止めを塗っただけだったので、後から日焼けで痛い思いをしました。長袖を着て、帽子をかぶって入ることをおすすめします。

 

 

ホテル内のレストランはおいしい

 

ハイアットの近くには気軽にごはんを食べられるようなレストランやコンビニはありません。いちばん近いダナン市内のレストランでもタクシーで10分はかかるかな。

 

ダナン市内はバイクだらけで徒歩でレストランを探し歩くのも超大変。ベビーカーを押して歩くのも厳しいです。

 

というわけで、必然的に食事はホテル内のレストランで食べることになりました。

 

ハイアットのレストランは割高ですがめっちゃおいしいです!!

 

 

レストランは3つ

 

・グリーンハウス
ホテルのロビーから近いビュッフェのレストラン。朝食はここで食べる。ランチもディナーも食べられる。

・プールサイドハウス
プールサイドにあるカジュアルなレストラン。18時クローズ。

・ビーチサイドハウス
ディナーのみのお洒落で高級感のあるレストラン。

 

 

 

グリーンハウス

 

グリーンハウスは朝食のみ2回利用しました。

 

私たちは朝食が含まれていないプランだったので、大人一人あたり46$も払いました。

 

それだけの価値はあったかと思います。高級ホテルの朝食って感じで、ビュッフェの種類がとにかくたくさんありますね。

 

ダナン ハイアットリージェンシー グリーンハウス

 

パン、ハム、コーンフレークなどの洋食メニューはもちろん

 

ダナン ハイアットリージェンシー朝食

 

ベトナム料理のホワイトローズもありますよ。

 

ダナン ホワイトローズ

 

で、その場で作ってくれるフォーが出汁がきいてて超うまい!フォーってこんなにおいしいものだったんだと感激しました。

 

7時半以降は混むので早めに行った方がいいです。朝食込みのプランでない場合は、食事をした後に伝票にサインをしなければならないので忘れずに。

 

 

プールサイドハウス

 

ダナン ハイアットリージェンシーのプールサイドハウス

プールサイドハウスはアウトサイドでも食べられるカジュアルなレストラン。

 

私は夕方に利用しましたが、リゾートで海を見ながらおいしい料理が食べられて、幸せをかみしめました。雰囲気が最高!

 

ダナン ハイアットリージェンシー 海

 

私が食べたのはナシゴレン。これが予想以上においしかった!この旅でいちばんおいしかったのがこのナシゴレンだったかも。値段は日本円で1000円ぐらい。

 

ダナン ナシゴレン

 

昼間からビールを飲んで、早めのビアガーデンを味わいました。

 

ダナン ハイアットリージェンシー ビール

 

プールサイドハウスはファミリーで食べてもファミレスの料金で済むと思います。おいしいので超おすすめ!

 

ビーチサイドハウス

 

ビーチサイドハウスは大人の雰囲気漂う、ディナーのみのレストランです。

 

「子どもが入っていいのかしら?」と悩みましたが、心配ご無用。ベビーチェアもおいてありますし、子どもウェルカムでしたよ。

 

チャイルドメニューもあります。

 

ダナン ハイアットリージェンシーのチャイルドメニュー

 

シーザーサラダ

 

シーザーサラダ

 

メインメニュー (ワイン付き)

 

ダナン ハイアットリージェンシービーチサイドハウス

  

メニューはベトナム料理メインではなく、洋食レストランって感じでした。

 

ビーチサイドハウスは値段はお高く、合計で1,651,650ドン(8200円)もかかりました。

 

ホイアンのレストランでディナーを食べたら2000円とかで済んじゃうので、すごく割高なんですけどね。ハイアット価格ということで…

 

 

ホイアンまでのシャトルバスはあまりおすすめしない

 

ホイアンの日本橋

 

ホイアンまでのシャトルバスは予約制で、事前に電話で予約しておく必要があります

 

ホイアンまでは約45分、料金はひとり8万ドン(400円)3歳以下の子どもは無料です。

 

時刻表はホテルの受付でもらえます。

 

★行き(ホテル→ホイアン)
10:00
02:00
05:00 

★帰り(ホイアン→ホテル)
11:00
03:00
06:00

 

 

行きは5時発のシャトルバスに乗ってホイアンまで行き、帰りは夜9時を過ぎたのでタクシーで帰ってきました。

 

シャトルバスは時間が決められており融通も利かないし、交通量の多い道路で降ろされるのでおすすめはしません。

 

タクシーの料金はだいたい25万ドン(1200円)で済み、料金はほとんど変わりません。シャトルバスのメリットは特にないので、タクシーを使って行った方がいいと思います。

 

シャトルバス代はチェックアウトのときに支払いましたが、間違えて2歳の息子の分まで請求されました。説明して無料にしてもらいましたが、お会計のときには要注意です!

 

 

日本語は通じる?

 

日本語は通じません!

 

韓国人観光客が多いので、韓国人スタッフはいるのですが、日本人スタッフはいません。

 

英語は通じるので、英語でコミュニケーションをとるしかないですね。

 

 

コンビニは近くにある?

 

残念ながら、ホテルの中にコンビニはないんですよ。いちばん近くのコンビニまでタクシーで10分はかかるかと。

 

ミネラルウォーターは1日に1人2本無料でもらえるので助かりました。

 

 

コインランドリーはある?

 

コインランドリーはありません。クリーニングサービスはあるのかもしれませんが、使いませんでした。

 

ベトナムは暑いですし、プールで泳いでたくさん汗をかくので、服は多めに持って行った方がいいですね。

 

 

子連れにおすすめって本当?

 

ハイアットの宿泊客はファミリーがほとんどです!8割以上が韓国人の子連れファミリーでした。

 

レストランには必ずベビーチェアも置いてあります。プールは子どもがいっぱい!子連れが肩身を狭い思いをすることはまずないです。

 

部屋の中もとても清潔で居心地がよかったです。天井から水漏れするというアクシデントがありましたが、スタッフの方に伝えたらすぐに直してくれました。

 

私はハイアットを選んで本当によかったと思ってます!

 

 

ハイアットのお得な予約の仕方はこちらの記事をどうぞ!

www.lifeworkshare.com

 

 

www.lifeworkshare.com

【ダナン子連れ旅行記】5時間半のフライトで到着!空港からホテルまでの移動手段は?

こんにちは、ユウリです。

 

2017年のGW、2歳児の息子と家族3人でベトナムのダナンに行ってきました。

 

4日間のベトナムの旅をブログにつづります。今回は成田を出発してから、ホテルにチェックインするまでの道のりです。

 

 

 

2歳児と5時間半のフライト

 

ベトナム航空

私たちが乗った飛行機は、成田発9:15の便でした。

 

問題は2歳児の息子が5時間半のフライトに耐えられるのか!?

 

家から持ってきたKindleのタブレットでドラえもんの動画を見せたり、絵本を読んだりして、なんとかしのぐ。1時間半ほどお昼寝をしてくれたので、助かった…

 

機内食も出ました。味はまぁ普通。

 

ベトナム航空 ご飯

 

ベトナム時間で13時ごろにダナン空港に到着です。

 

ベトナムは日本より2時間遅れていてるので、5時間半のフライトでした!

 

 

ダナン国際空港からホテルまでタクシーで移動

 

ダナン国際航空から宿泊先のハイアットリージェンシーまではタクシーで向かいました。

 

空港を出るとすぐに「タクシー!?」と勧誘して来る若いベトナム人の男が近寄って来ました。

 

誘われるままティエンサタクシーという黄色いタクシーに乗り込む私たち。

 

ぼったくられるんじゃないかとハラハラしていましたが、大丈夫でした。18万ドン(900円)でハイアットまで連れて行ってくれました。

 

タクシーの運転手さんが気さくなタイプのおじさんで、「TOYOTA Is Nomber1!」とか片言の英語で話してくれましたw

 

たしかにベトナムのタクシーはTOYOTAの車ばっかり。バイクはHONDA。

 

うまく写真が撮れなかったのが残念ですが、ベトナムはマジでバイクが多い。道路は暴走族のようなバイクの群れで埋め尽くされております。

 

ベトナムのバイク

 

さて、このティエンサタクシー。ダナンの至る所の観光スポットに停まっていて、その後も何度も利用しました。

 

イヤな思いは一度もしなかったおすすめタクシーです。目印は黄色です。

 

 

ハイアットにチェックイン

 

ハイアットに到着したのは2時過ぎ。

 

韓国人の観光客で混んでいて、チェックインの行列が!チェックインするのに20分はかかりました。

 

さすが

ハイアットは雰囲気が良くて、リゾート地に来たぞ~~!って気分が上がってきました。

 

ダナン ハイアットリージェンシー

 

ベトナム・ダナンに行くなら、ツアーは損!?お得にホテルと航空券をゲットする方法

ベトナム ダナン 海

2017年のGW、ベトナムのダナンに3泊5日の旅行に行ってきました。

 

2歳8か月のイヤイヤ期の息子を連れて、早朝便で出発し、深夜便で帰ってくるというハードスケジュール。

 

無事に日本に帰国することができ、やっとブログが書けます。

 

 

子連れベトナム旅行、ツアーにする?個人旅行にする?

 

ベトナム航空

ダナンに行くことを決め、最初に迷ったこと。旅行会社のツアーにするか?自分で航空券とホテルを予約するか?

 

結果的には、自分で航空券とホテルを予約することにしました。

 

2歳の息子がいるので、できるかぎり安心な旅にしたい。

 

とはいえ、ダナンのツアーは航空券とホテルがセットで販売されているだけなんですね。

 

1年前に行ったグアムのJTBのツアーは、ツアーパックにアクティビティやバス乗り放題チケットがついていて、楽チンでよかったんですが。

 

ダナンの場合はアクティビティもないし、移動はタクシーなので、ツアーにするメリットは特にないと思います。

 

 

旅行会社に見積もりを取ってもらった結果

 

最初はツアーの方が安いのではないかと思って、HISに見積もりを取ってもらいました。

 

・大人2名、子ども1名。

・ホテルは、アラカルトダナンに3泊5日 。

・航空券は、成田9:15発、ダナン0:30発の便です。

 

 

ツアー料金は、408,000円でした。

 

宿泊代・航空券代・燃油サーチャージ・成田空港使用料・入国税・旅客保安サービス料を含めてこの金額です。

 

まぁそんなもんかな~HISにしよっかな~と考えていたところ、エクスペディアというサイトで激安セール品を発見してしまったのです。

 

 

エクスペディアでハイアットリージェンシーがセールになっているのを発見

ダナン ハイアットリージェンシー

 

ハイアットリージェンシーが1泊35,000円で売っているではないですか!通常料金の21%オフで!

 

ハイグレードホテル、ハイアットが3人で10万5千円ーーー!!

 

リゾートに行くなら、どのホテルに泊まるかって、旅のすべてを左右するほど大事。ダメなホテルに泊まったら旅そのものが台無しになりますからね。

 

子連れでダナンに行くなら、ハイアットはまず間違いないホテル。

 

欲をいえば、ヒュージョン・マイア・ダナンとかのハイグレードホテルに泊まりたいけど、宿泊代が高すぎるし、子連れには不向きかと。

 

 

ハイアット泊まりてぇぇぇぇーーーーー!!

 

 

大興奮していたのですが、「もう少しよく考えよ」と思って、一晩寝ることに。

 

翌日になったら割引がなくなっていて、一泊4万円になってました(笑)

 

どうやらエクスペディアは月曜日にセールすることが多いっぽい。ねらい目は月曜日だったんですね!

 

もう一度セールにならないか待っていたのですが、なかなか安くならず

 

最終的には、旅行2ヶ月前に3人で132,000円で予約しました。

 

JCBカードで旅行代金を決済すると8%オフになるキャンペーンを使って、少しお安くなりました。

 

 

自分でホテルと航空券を予約してみて、いくら安くなったのか?

 

航空券はarukikata.comというサイトで306,860円 で予約したので、

 

合計金額は

 132,000円(ホテル代)+306,000円(航空券代)

 

438,000円

 

 

HISのツアーならちょっと微妙なホテルで402,000円。

 

自分で手配すればハイグレードホテルで438,000円。

 

セールしてるときに予約していれば、411,000円で済んでいたはずなので、ほとんど変わらない金額だったはずなんです。

 

旅行会社のツアーで予約すればいいってもんじゃないですね。自力で安いチケットを探すのも大事です。

 

とてもよい勉強になりました。

 

 

安い航空券はアルキカタドットコムでよく見つかります。

 

安くホテルを予約するならエクスペディアですね。経験上、月曜日が狙い目です!!

 

大和ハウスの「バス見学会」に参加して得た学び

こんにちは、ユウリです。

 

一戸建てを建てるべくいろいろなハウスメーカーを見て回っています。

 

候補のひとつである大和ハウスのバス見学会に行ってきました。内容が充実していてなかなか楽しめましたよ。

 

 

見学会の当日のスケジュール

 f:id:mamu311:20170318221609j:image

9時30分に始まり、終わったのは15時過ぎ。

 

1日のスケジュール

 

・セミナー 30分

・住まい性能大実験 20分

・完成現場見学 20分

・ランチ 1時間

・オーナー邸の見学 1時間

・個別相談会 20分

 

 

 

セミナー

大和ハウスの支社でパワーポイントを使った説明を聞きました。

 

うちの息子(2歳)が騒がないかハラハラしましたが、小さいお子様連れの家族が何組かいて、少し騒いでも大丈夫でした。

 

大和ハウスは長持ちする家づくりをしているよ~とか、地震に強いですよ~とか、そんな話があって、

 

いちばんの売りである「外張り断熱」のことを詳しく説明していました。

 

f:id:mamu311:20170318221626j:image

 

これは大和ハウスのパンフレットの画像です。

 

鉄骨は熱さ寒さが伝わりやすいため、いかに断熱をしっかりするかが課題なのですね。

 

大和ハウスの場合、グラスウールという断熱材を鉄骨の柱の間に入れるだけでなく、鉄骨の外側から覆い、ダブルで断熱しているとのこと。

 

へ〜!と思いました。

 

 

住まい性能大実験

大和ハウスの使っている部材の性能を確かめる実験コーナーです。

 

セラミックウォール

 f:id:mamu311:20170318221654j:image

大和ハウスの外壁「セラミックウォール」の実験を見せてもらいました。

 

なかなか興味深かった!

 

同じ鉄骨メーカーでも、ヘーベルハウスならヘーベル板、積水ハウスならダインコンクリートといった、外壁には売りがありますね。

 

大和ハウスの外壁は衝撃に強く、耐火性に優れているとのことでした。

 

 

まずは、セラミックウォールがどれだけ衝撃に強いのか確かめる実験を見せられました。

 

コンクリートに鉄の球を落とすとコンクリートは割れてしまいましたが、セラミックウォールに鉄の球を落としても割れませんでした。

 

 

 f:id:mamu311:20170318221706j:image

つづいて、セラミックウォールの耐熱性を確かめる実験。

 

セラミックウォールに2分間800度の熱をふきつけてました。

 

外側は黒く焦げるだけで、内側までは熱が伝わっていませんでした。

 

 

防犯ガラス

 

そのほか、防犯ガラスの実験を見ました。大和ハウスの防犯ガラスは割れにくい丈夫なガラスだそう。

 

通常のガラスはトンカチで叩くとすぐ割れてしまうのに対して、防犯ガラスは叩いても割れません。参加者のお姉さんが実際に割って確かめました。

 

 

実験はなかなか面白かったです。実際に見てみると印象に残って、なるほどなぁと思うものですね。

 

 

完成現場見学会

 f:id:mamu311:20170318221719j:image

これは大和ハウスのパンフレットの写真ですが、イメージ的にはこんな感じで建築途中の住宅の内部を見れました。

 

壁紙が張っていない状態の壁の内側や、フローリングを張っていない床下を見せてもらえました。

 

とくに印象に残ったのは床下のシロアリ対策です。

 

鉄骨造の建物であっても、シロアリは床下のコンクリートを食べるらしいのです。

 

下からシロアリが入ってくるのを防ぐため、基礎のうえにシートをしていると言っていました。

 

これは木造住宅並みのシロアリ対策だそう。大和ハウスは構造の部分がしっかりしているんですね。

  

 

ランチ

 f:id:mamu311:20170318221730j:image

バスで近くのレストランに移動して、ビュッフェをいただきました。

 

なんと無料で。

 

なかなか美味しいと評判のお店だったし、ケーキも食べられて、かなりお得でした。

 

こういうのも経費に含まれてるんでしょうが、さすが大手ハウスメーカーだなって感じ。

 

このランチがいただけるだけでも参加してよかったと思いました。

 

 

オーナー邸見学

 

実際に大和ハウスでおうちを建てた一般家庭を見学させてもらいました。

 

私たちが行ったのは、引渡し1か月後のご家庭。

 

ほんとに普通のご夫婦のご自宅で、コタツが敷いてある生活感バリバリのお家の中に20人位の大人数で上がり込み、見学させてもらったんですよ。

 

オーナーさんは「大和ハウスにした決め手は地震に強いから」と言ってました。

 

37坪くらいのリアルサイズのおうちはモデルハウスとは全然違いますね。

 

モデルハウスは夢だったのか…と現実に帰りました。ははは

 

 

個別相談会

 f:id:mamu311:20170321224841p:image

最後に個別相談会がありました。

 

担当の設計士と営業マンが出てきて、世間話など。

 

そして、今後の流れを説明されました。

 

これからどんな家を建てたいのかヒアリングして、イメージに近いモデルハウスを見に行ったりしながら、間取りを考えていくと。

 

それから見積もり、契約になるそうです。

 

 

ただ担当の設計士の言葉に疑問符が残りました。

 

「いいお家を建てるコツは早めにハウスメーカーを決めることです。

契約した後の打ち合わせを綿密にした方がいい家が建つんですよね。

みなさん契約前にたくさんのハウスメーカーを見られて疲れてしまって、契約後の打ち合わせが薄くなってしまうんです。」

 

 

え?

 

 

契約前にしっかり打ち合わせして見積もり出してもらわなくちゃ契約なんかできなくない?

 

契約した後の打ち合わせで仕様変更がたくさんあったら、契約の意味なくない?

 

ってか、いろんなメーカーと見比べて本当にいいと思ったメーカーを選びたいんですけど!?

 

 

「時間があるのでゆっくりやりますから大丈夫です。見積もりを取っても契約しない人もいますよね?」と言ってみたら

 

 「そういう方もいます」と返されましたけど

 

ってか、普通にいるでしょ?

 

 

このときは、他のメーカーも見たいと話して、打ち合わせを切り上げて帰りました。

 

なんだか契約を急かされているようで、後味が悪かったです。

 

 

 

まとめ

 

大和ハウスの悪口を書いたみたいになってしまいましたが、そういう意図はありません。ほかのメーカーも批判的に書いてるので許してください(笑)

 

ハウスメーカーを見て回っているとどうしてもアラを見てしまうんですよね。

 

バス見学会自体はとても勉強になる内容で、ランチも無料で食べられたので、参加して本当によかったと思ってます。

 

大和ハウスは商業施設などの大きな建物を建てているだけあって、法令遵守意識が高く、しっかりした会社だなと思いましたね。

 

 

社員は体育会系ですね。朝からバリッとスーツを着こなしたダイワマンが5〜6人並んで、「おはようございますっ!」と挨拶されたのには圧倒されました。

 

各ハウスメーカー個性があって面白いですね。これからもこのようなイベントには積極的に参加したいと思いました。

住友林業は賃貸併用住宅を勧めるが、オーナーにメリットはあるのか?

こんにちは、ユウリです。

 

一戸建てを建てたいと思い、2017年1月から住宅展示場を回り始めました。

 

最初に回ったのが「住友林業」の住宅展示場でした。

 

 

木造住宅を建てたいなら、住林でしょ

 f:id:mamu311:20170315112939j:image

最初に住友林業を訪れた理由は、建築士をしている友人が住友林業の平屋を建てていたから。

 

彼の住宅は40坪の平屋でモデルルームのような立派なおうちです。

 

建築士が選ぶメーカーなら間違いはないと思い、最初に行ってみることにしました。

 

住友林業といえば、木造住宅では一人勝ちです。ほかに有名なところといてば一条工務店ですが、住友林業ほどは売れてないような。

 

木造の軸組工法で、木の柱で建てる昔からの日本の工法を採用しているメーカーですね。

 

 

 

住宅展示場にいた営業マンはまだ20代と思われるお姉さんでした。

 

友人は住友林業のビックフレーム工法を勧めていたので、そのあたりを詳しく聞きたかったのですが、工法や構造についての説明はあまりなかったです。(私の聞き方が悪かったのかも)

 

 

住友林業はとにかく「木押し」です。

 

営業マンが力を入れて解説して来たのが、「床材を選べます!!」ということ。

 

住友林業は床材の種類がたくさんあり、好きなものを選べるのです。

 

椋(むく)の床材とかね。薄い茶色のものから濃い茶色のものまで、たくさんの種類が揃えてありました。

 

営業マンは「こんなにたくさんの床材が選べるんですよ。奥様、どれがお好みですか?」と聞いてくれました。私は床材選びにそこまで心惹かれませんでしたけど(笑)

 

f:id:mamu311:20170315115248j:image

 

パンフレットとかを見ると、床がキレイに写ってますね。

 

木のぬくもりあふれるナチュラルな家づくりがしたい人にとってはとても魅力的だと思いました。

 

 

土地持ちが進められる「賃貸併用住宅」とは

 

我が家は150坪の土地を所有しています。この土地は祖母から譲り受ける予定になっている土地です。

 

ハウスメーカーの営業マンに伝えると、めちゃめちゃ食いついて来るんですよねぇ…(汗)

 

すでに土地を持っている&大きい土地となれば、うってつけの「カモネギ」なんでしょうかわ

 

ハウスメーカーはまず勧めてきます。「賃貸併用住宅」を。

 

賃貸併用住宅とは、1棟の建物の中に「人に貸すためのアパート」と「自分の住むための住宅」を兼ねている住宅のことです。

 

3階建にして、1~2階を貸しアパート、3階部分を自分の居住スペースにしても良し。

f:id:mamu311:20170315113748j:image

 

 

2階建にして、自宅の横に賃貸部分をくっ付ける形にしても良し。形態は自由が利くようです。

f:id:mamu311:20170315113756j:image

 

賃貸併用住宅のメリットは、住宅部分のスペースが全体の半分以上あれば、住宅ローンが使えること。

 

住宅ローンは、アパートローンに比べて低金利なのでお得と言うわけです。今なら住宅ローンは変動金利で0.5%という超低金利で貸してくれるところもありますからね。

 

アパート部分を設けて家賃収入を得ながら、ローンを返済することができるよ!一石二鳥だね!というのが、売りなんですね。

 

 

住友林業は賃貸併用住宅を売りたいのか、展示場のモデルハウスにも「賃貸併用住宅」の旗が建っていました。

 

「うちでは賃貸併用住宅もできますよ!一括借り上げサービスと言って、住友林業レジデンシャルがアパートを借り上げて家賃を保証します!」

 

と言うのです。

 

そのときは「一括借り上げってすごい!賃貸併用住宅いいかも!」と思って乗り気になったのですが、あとあと考えてみたらお得ではないことが分かりました。

 

 

住友林業の提案したプラン。ガレージ付きアパート

 

後日、営業マンがわざわざ我が家まで来てくれ、賃貸併用住宅の資料を持ってきてくれました。

 

「地元の不動産やに聞いて、この地域でどのような物件の入居率が高いのか、調べて参りました!」

 

 

そこで見せられたのが、ガレージ付きの立派なアパートでした。

 

f:id:mamu311:20170315113835j:image

 

「ここら辺のアパートはみんな青空駐車場なので、ガレージ付きの物件ならアパートに付加価値を付けられると思います!」

 

私が住んでいる地域は地方都市で、東京から電車で2時間かかります。ほとんどの人が車で移動しているようなところです。

 

たしかにガレージ付きのアパートはニーズはあるかもしれないけど…

 

こんな立派なアパートを建てたら、1億はするよね?というものだったんです。

 

 

この地域の家賃相場は5~6万円なのに、1億もする賃貸併用住宅を建てたら、アパート経営としては大失敗だと思います。

 

 

この営業マンの方、本当に一生懸命で、頑張ってやってくださっているのは伝わって来るのですが、勧めて来るものがハウスメーカーが売りたいものなんですよね。

 

営業マンも家を売るのがお仕事なので、賃貸併用住宅の良い部分しか言わないのは当然なんですけど。

 

 

一括借り上げサービス「サブリース」押してるけど、絶対損するよね?

 f:id:mamu311:20170315115412j:image

あと、一括借り上げサービス。「サブリース」と言われているやつ。

 

ググってみれば、一目瞭然でオーナーにデメリットだらけで、ハウスメーカーだけが儲かるシステムになってることが分かります。

 

営業マンから説明を受けた内容はこんな感じでした。

 

・30年間、空室があっても家賃を保証してくれる

・賃貸住宅の運営管理をやってくれる

・その代わりに家賃収入の3割はハウスメーカーに払う

 

 

え?これって儲かるの?という感じ。

 

新築してから10年間は家賃保証してもらわなくても、入居者は入るんです。それなのに3割も持っていかれてしまう。

 

築10年も経つと入居者が入らなくなるので、家賃はどんどん引き下げられてしまいます。そんで3割り持っていかれる。

 

これで儲かるはずがない!!

 

 

ざっくりと計算してみるとこうなっちゃうんですよ。30年間で120万円の赤字じゃないかい

 

 

建築費用:5000万円(アパート部分のみ)

収益合計:48,800,000円△120万円

 

 

収益内訳を説明していきますね。 

 

最初の10年間は家賃60,000円を保証してくれるとして、年間約2,000,000円(60,000円×4世帯×12カ月×0.7)

 

最初の10年間の家賃収入の合計額は20,000,000円です。

 

10年目からは家賃が8割に下がると仮定して、10年間の家賃収入は16,000,000円。20年目からはさらに8割下がると仮定して、12,800,000円

 

合計48,800,000円なり。

(20,000,000円+16,000,000円+12,800,000円)

 

 

試算がちょっと厳しいかな?

 

たしかに家賃収入を低めに設定してますが、これから人口が減少していくことを考えると、アパート経営はこのくらいは厳しくなるのではないでしょうか

 

結論、サブリースは元取れないです。

 

ハウスメーカーが最初の10年で丸儲けして、オーナーには何のメリットがあるのかサッパリ分かりません。

 

 

おわりに

 

住友林業の批判みたいになってしまったのですが、そのような意図はありません。ごめんなさい。

 

建築士の友人は住友林業の家にすごく満足している様子でしたよ。

 

賃貸併用住宅のサブリースを提案されたことで、一生で一番大きなお買い物である家づくりは自分でしっかり勉強して、自分の頭で考えなければダメだなと勉強になりました。